×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新米衛生管理者の安全向上計画

このサイトは衛生管理者であるつのぶえが工場(会社)の安全向上を目指し、
実際行ったこと、経験したこと等を徒然なるままにUPする情報サイトです。
常日頃、衛生管理者として現場の第一線で活躍している方達のヒントになれば幸いです。

 
 トップこれってなに?>衛生管理者って何?  
衛生管理者って何?
おすすめ


衛生管理者は厚生労働省管轄の資格で、
50人以上働く人がいれば最低1人を選任しないと駄目なんです。
50人以上ですよ。
パート・アルバイトさんを含めてね。
ちょっとした工場やスーパーならすぐに50人になってしまいますよね。
だから受験者数はメッチャ多いんですよ。
(平成15年で一・二種合計で6万人以上!)
だから全国で毎月試験が行われています。
つのぶえが受験した時は経営者らしきおじいちゃんや
工場で働いていそうなおっちゃんが目立ちましたね。
ちなみに合格率は約50%!
高いと思います?低いと思います?
つのぶえ自身の解釈でいくと会社からの命令で
(『衛生管理者の人数が足りないから、受験してこい!』)、
あまりやる気のない人がいるから合格率が低いのであって、
実際は合格しやすいと考えます。
(あくまでまじめに勉強すればの話ですが....)
そうそう、それでもって仕事の内容ですが、一言で言うと
『工場・職場を安全快適にする』仕事です。
ん?もう一声ですか?(笑)
毎週1回職場を巡回して危ない場所・設備を見つけては会社に
『改善してね♪〜』と進言できるのです。
まぁ大企業や安全面に力を入れている企業ならできるんだけど、
中小企業では週1回って結構キツイんですよねぇ。
そこでつのぶえは月1回は巡回しているようにしています。
(監督署の人は見なかったことにしてね。)